わかりやすい流通

通貨のしくみ
私たちが通常お金と呼んでいるものが通貨です。通貨には2つの種類があります。
1つはお札や硬貨などで、私たちが日常生活の中で品物を購入したり、乗り物の運賃を支払ったりするのに使っているもので、現金通貨と呼ばれています。もう一つは預金通貨と呼ばれるもので、銀行などの預金の残高を指します。預金通貨は数字として記入されているだけで、物質的な形はありませんが、クレジットカードなどや銀行口座振替でモノやサービスの代価として支払うことができるため、お金として通用しています。お金は様々な稼ぎ方がありますが、今ではオンラインカジノでも稼ぐことができます。

what-is-material-handling-equipment

現金通貨の大部分は日本銀行券、つまり紙幣で、硬貨は現金通貨全体の1割程度にすぎません。紙幣は日本銀行からの注文を受けて大蔵省印刷局が印刷し、硬貨は大草省造幣局が鋳造しています。現金通貨は、日銀→民間銀行→消費者と流通していきますが、経済にとっては血液のような存在です。その役割としては、次のようなものがあります。

価値の貯蔵=今日の1万円は翌日も1万円として使える。つまり、1万円という価値を貯蔵しています。
交換手段=通貨があれば、モノやサービスを必要な量だけ手に入れることができます。
価値尺度=モノやサービスがどのくらいの価値を持つかが、通貨によって決まります。
支払い手段=モノやサービスの価値に見合った通貨を持っていれば、確実に決済できます。通貨は、家計、企業、政府の3つの経済主体の間を循環しており、その仲介を行うのが金融機関です。日銀は市場に流れる通貨の量(マネーサプライ)を適量になるように調整します。お勧めするオンラインカジノはベラジョンです。