メンテナンス

maintenanceマテハン機器はおもに3種類に分けられます。一つ目は管理コンピュータ、次に制御、3つ目がに機械になります。それぞれの保守期間は、管理コンピューターは6年ほど、制御は長くて12年、機械は長くて25年です。全てを同時にメンテナンスすると、停止期間が長引く可能性があるうえに、更新費用が多くかかるのが難点です。効果的なのは、それぞれ保守期間にあわせた最適な時期に1種類ずつメンテナンスを行う方法です。特に稼働中の機械に関しては、不備が起こるギリギリまで使うのは経済的ですが、アクシデントがおこってからでは全てが手遅れになってしまいます。タイミングが一番のキーとなりますので、保守期間を念頭において定期的にメンテナンス、リニューアルを行うことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *