マテハン機器使用例

warehouseどのようにして企業がマテハン機器を使用することにより企業の無駄を省き生産性、経済性、品質の向上に成功したのかみてみましょう。

日本の某大手自然派化粧品会社は当初は自社で全ての業務を行っていました。そしてその後全国に8箇所に物流センターを設置しましたが、それぞれ倉庫の位置が商品によって違うので、お客様の注文によって同時に商品を注文したのに同じ時期に届かないという事象がおきていました。しかし新しく大きな物流センターを設立しここで全ての商品を管理することで、物流費を抑えることが可能になりました。自動補充システム、海外整列用ライン、自動倉庫などITを駆使したマテハン機器を使用することで、生産性が著しく増加し海外オーダーにも対応するようにまでに大きく成長したのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *