さらなる応用

computers-cultivated-in-the-material-handling-systemマテリアルハンドリングシステムにおいて培われた、コンピュータを使用したピッキング作業や検品システムは、製造業の大規模工場にとどまらず調剤薬局の監査支援システムにも利用されています。調剤薬局において薬をピッキング後、種類、量が正しいか確認するのは薬剤師の役目ですが、薬剤師も人間であるため調剤過誤というのはどんなに気をつけても起こるものです。別の薬剤師が必ず監査し、全てが正しいか確認するのですが、やはりこの監査支援システムがあると違ミスが減少します。薬剤師のストレスも減る上に、調剤ミスを限りなくゼロにすることが可能ですので、患者様が安心してお薬をもらうことができます。

マテリアルハンドリングシステム技術がさらなる分野へと応用されることで、社会がより発展し未来の社会を形づくるなど、夢の広がる分野でもあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *