0

流通とは。

流通とマーケティングの違い 流通は時代と共に変化しています。1960年代は,流通とマーケティングは,ほぼ同一の概念と捉えられていました。現在,「マーケティング」は,製造業者,流通業者といった売り手が行う,“市場ニーズを知り,それに対応しての売れるしくみづくりに関する企業単位の活動”,と定義されます。対して,「流通」の概念は,“生産から消費に至る商品の流れと,これに関連しての物資の安定供給や価格の安定といった政府の政策決定にかかわる活動領域”までを指します。言葉をかえると流通は,国民経済の観点,マーケティングは企業それぞれの活動の観点からの概念であります。オンラインカジノのエコペイズという課金方法をご存知ですか?これも流通に関係しています。   流通は社会の現況 戦後の流通政策は,1974年施行の大規模小売店舗法と許認可制度に代表されるように,一貫して中小商店の保護・振興の立場を取ってきました。しかし,1989年から90年にかけての「日米構造協議」で,政策転換が図られました。その象徴が大店法にかわって施行の大店立地法です。この法律は,大店店中心のまち作りへの政策転換を示すものです。しかしながら,市場経済と小規模域商業との調和は実現せず,商店街の歯抜け現象という言葉に示されるよう,零細商店の衰退は止まりません。1982年に従業員2人以上の商店数は103万6千店ありましたが,04年には53万9千店にまで減少しました。一方,イオン・ダイエー連合,セブン&アイ・ホールディングスといった巨大小売業グループの出現は,小売り側がメーカーとの価格決定の駆け引きで優勢に立つことを意味します。巨大な購買力を武器に仕入れ価格の引き下げを実現すれば,店頭での値下げを通じて消費者からの支持を得やすく,メーカーにとっては大きな脅威となります。すでに家電量販店業界,ドラッグストア業界でも同様の動きが加速しており,「川下主導の時代」に入りました。   生産と消費 生産者によって作られた製品が,消費者の手元に渡るまでには,3つの隔たりがあります。この生産と消費の間の時間,場所,人の3つの隔たりをとり結び,生産から消費へ向けて品物が流れる一連の活動が流通です。たとえば,農家で栽培・収穫されたキャベツやレタスは,生産地のJAや出荷組合に集荷され,消費地の卸売市場に運ばれ,そこでセリにかけられます。そして,仲卸業者などを経由して,スーパーや青果店の店頭に並び,消費者の手に渡るという手順をとります。この一連の流れが,キャベツやレタスという商品の「流通」というわけです。そして,時間,場所の隔たりを取り結ぶのが,商品の運送,保管といった物的流通(物流)と呼ばれる活動です。そして,商的流通(商流)と呼ばれる商取引により,生産者と消費者との人的な隔たりが結ばれます。この一連の活動に携わるのが流通業者です。狭義の流通業者は,問屋,小売業を指します。広義には,運送業者,ネット販売に関係する情報事業者などを含みます。   小売業や卸売業は,生産者から消費者に円滑に商品を供給する橋渡し,パート・アルバイト従業員を中心に多くの人に働く場を提供するなど,日本経済の発展に貢献してきました。流通が経済の中に占める比重も大です。総務省労働力調査によると,就業者6424万人のうち,卸売・小売業,飲食店就業者は,1233万人と,19%と製造業とほぼ同数の割合を占めます。また,家計消費支出は約300兆円,小売業販売額が約135兆円と,その動向が経済に及ぼす影響は大きいものがあります。  

0

マテリアルハンドリングと日本

マテハン マテリアルハンドリング(日本では「マテハン」と略称されますが、以下「MH」と表現します)は、調達、生産、販売、回収などの物流現場における物品のあらゆる取扱い作業のことであり、ロジスティクスを支え、円滑に機能させ、運営していくために不可欠なサブシステムです。 馴染み深いところでは「台車」「パレット」「フォークリフト」「コンベヤ」など モノの取扱いを増やせば価値を生み出すことなくコストを増やすことになるため、 マテリアルハンドリングの主要な目的はその取扱いを極力減らすことです。よいマテリアルハンドリングは大きくコスト削減に、 貢献し現在はITと絡んでハイテク化しており、 作業効率化の武器として注目されています。   つまり、MHはロジスティクス活動の効率性を左右する重要な要素であり、MHを合理化・効率化すれば、企業の生産性が向上し経営体質が強化されます。そこで、本稿では、MHの概念とロジスティクスとの関係についてご説明します。本来のMHは、「あらゆる場合と時と場所とで、運搬を合理化し、運搬手法を活用して、経済性、生産性を向上することを目的とするもの」(日本MH協会編「マテリアルハンドリング便覧」日刊工業新聞社,1987年)とされる。一方物流分野でのMHは、「物流過程における物資の積卸し、運搬、積付け、ピッキング、仕分け、荷ぞろえなどの作業及びこれに付随する作業」(JIS Z 0111:2006 物流用語)とされる。つまり、本来のMHは「あらゆる物の移動にかかわるあらゆる作業」を対象としており、物流分野でのMHよりも広い概念なので、物流分野でのMHは本来のMHの一分野であるといえます。   余談ですが、マテハンはハイテク化するロジスティックのことを言うと言いましたが、マテハンだけが自動化されているわけではありません。例えば、パチンコでさえ、今ではパチンコ屋に行かなくても、パチンコのゲームをオンラインカジノで遊べるようになってきたのです。インターネット環境さえあれば、スマホやパソコンを使用して、パチンコのゲームや、パチスロで遊べるのです。またオンラインカジノの魅力はゲームをしながら、簡単に稼ぐこともできちゃうんです。これもオート化した結果ですね。   物流の仕組み 物流活動の基本機能は、物品の輸送と保管であり、それによって空間的・時間的な経済的価値を生み出しています。 それに対してMHは、直接その経済的価値を生み出しているわけではなく、いわば輸送と保管に伴う付随的な作業です。しかしMHは、輸送や保管を行うためにはなくてはならない作業であり、しかも物流活動の多くの節点で発生するため、物流活動の効率性を左右する重要な要素なのです。

0

オーダーメイド?

たくさんの企業がマテリアルハンドリングに関する装置を製作しています。作業の無駄を減らし効率化されたシステムを採用し、お客様に利益と信頼を提供できるよう品質には常時気を配っていますが、もしあなたの会社にとってなにか都合の悪いことや満足いかないことがあればぜひ弊社にご相談ください。 このマテリアルハンドリングシステム、またその装置が必要な企業は製薬企業から魚介類加工業など実に多岐にわたっています。 職種ごとに勝手が違いますので、通常では各企業様に合わせた商品の提案を行っています。もしくはすでに商品をお使いの方で改善点が必要な場合、もしくは更なる生産性、経済性、品質性の向上をお求めの方も、ぜひ弊社に一度ご相談いただくことをお勧めします。

0

さらなる応用

マテリアルハンドリングシステムにおいて培われた、コンピュータを使用したピッキング作業や検品システムは、製造業の大規模工場にとどまらず調剤薬局の監査支援システムにも利用されています。調剤薬局において薬をピッキング後、種類、量が正しいか確認するのは薬剤師の役目ですが、薬剤師も人間であるため調剤過誤というのはどんなに気をつけても起こるものです。別の薬剤師が必ず監査し、全てが正しいか確認するのですが、やはりこの監査支援システムがあると違ミスが減少します。薬剤師のストレスも減る上に、調剤ミスを限りなくゼロにすることが可能ですので、患者様が安心してお薬をもらうことができます。 マテリアルハンドリングシステム技術がさらなる分野へと応用されることで、社会がより発展し未来の社会を形づくるなど、夢の広がる分野でもあるのです。

0

メンテナンス

マテハン機器はおもに3種類に分けられます。一つ目は管理コンピュータ、次に制御、3つ目がに機械になります。それぞれの保守期間は、管理コンピューターは6年ほど、制御は長くて12年、機械は長くて25年です。全てを同時にメンテナンスすると、停止期間が長引く可能性があるうえに、更新費用が多くかかるのが難点です。効果的なのは、それぞれ保守期間にあわせた最適な時期に1種類ずつメンテナンスを行う方法です。特に稼働中の機械に関しては、不備が起こるギリギリまで使うのは経済的ですが、アクシデントがおこってからでは全てが手遅れになってしまいます。タイミングが一番のキーとなりますので、保守期間を念頭において定期的にメンテナンス、リニューアルを行うことが重要です。

0

マテハン機器使用例

どのようにして企業がマテハン機器を使用することにより企業の無駄を省き生産性、経済性、品質の向上に成功したのかみてみましょう。 日本の某大手自然派化粧品会社は当初は自社で全ての業務を行っていました。そしてその後全国に8箇所に物流センターを設置しましたが、それぞれ倉庫の位置が商品によって違うので、お客様の注文によって同時に商品を注文したのに同じ時期に届かないという事象がおきていました。しかし新しく大きな物流センターを設立しここで全ての商品を管理することで、物流費を抑えることが可能になりました。自動補充システム、海外整列用ライン、自動倉庫などITを駆使したマテハン機器を使用することで、生産性が著しく増加し海外オーダーにも対応するようにまでに大きく成長したのです。

0

使用される分野

マテリアルハンドリングシステムとマテリアルハンドリングにおけるこれらの部品、設備、機械は製薬業者、調剤薬局、飲食産業、魚介類加工産業、蒸留酒製造所など、実に幅広い分野で使われています。 例えば大手菓子製造会社では、品質保持のためにドライ食品、冷凍品アイテム700種にそれぞれ対応したマテハン機器が必要とされるなど、それぞれの企業にあった種類の機器が必要になります。 またそれを別のマテハン機器が一括して機械で処理しているため大きな利益を作り出すことが可能になるのです。また、製造業においては生産している商品によって、必要な種類の運搬機器がかわってくるということになります。いかに無駄なく工場内で 生産性、経済性、品質を高めることができるのかは、利益と効率を考えた際に重要なポイントです。

0

パーツの種類

マテリアルハンドリングにおいて効率良く経済性、生産性そして品質性をあげるためにはとてもたくさんの種類の部品がつかわれています。例えばコンベアベルト、コンベアチェーン、スプロケッツ、ステンレス性のギア、エンジニアリングプラスチックなどの他、機械の種類によってはストレートラニングプラスチックチェーン、特別用途チェーン、ユニバーサルチェーンなど実に様々な種類のパーツがマテリアルハンドリングにおいて貢献しています。 質の良いマテリアルハンドリングには質の良いパーツ選びが必要になります。すぐにパーツが磨耗していては話にならないうえ、コストと品質、企業の信頼に関わってきます。細部においても高品質を求めることで工場内の設備間の作業のスピードアップ、安全確保された質の良いマテリアルハンドリングにつながります。

0

マテハン機器とは

マテリアルハンドリングに携わる作業機器をマテリアルハンドリング機器、略して「マテハン機器」とよびます。工場内の作業において原材料の運搬に始まり、加工途中の製品、または完成品の運搬にかかわるすべての運搬機材が対象となっています。取り扱う商品の量と種類が増えると、その分運搬コストが増えるため利益をあげるためにこの「マテハン機器」が必要になるのです。今日ではこの「マテハン機器」も質が上がったうえに、コンピューターと連動してハイテク化しているので、製造業においてコストを減らして生産性をあげることに大きく貢献しています。無人搬送車(無人搬送車)や自動倉庫、自動ピッキングシステムなど、ロボット技術を駆使したツールは特に人気があります。

0

工業的運搬法

製造工業において、運搬システムを合理化することをマテリアルハンドリングといいます。製造業における運搬が大きなテーマとなっているのは周知の事実です。取り扱う製品の種類と量が増えると、運搬コストだけがふくらみ利益が得られないということもあります。そこで気をつける点がいくつかあります。 まず始めに、パッケージの軽量化に努めなければなりません。次に運搬時には製品の重力をうまく生かさなければいけません。そして運搬における移動の終点と次始点の間の作業の簡略化をおすすめします。運搬においてコンベアを使用する場合は、リスクを回避し少しでも磨耗がみつかれば業者に連絡するなど、細部に目を配ることも重要です。また良質なコンベアや部品を選ぶことも重要です。